英語嫌いでも点数が着実にアップする勉強方法

英語嫌いでも点数が着実にアップする勉強方法


大学受験の英語は、合格を左右する重要な科目です。国語や数学といった基本科目でいくら高得点が取れていても、英語の点数が低ければ総合点が低くなるからです。しかし、苦手科目に挙げられることが多いのも英語です。そこで、苦手な英語でも着実に点を取るための方法をご紹介します。

英語が嫌いでも点を取れる勉強法

大学入試において、英語は長文問題に高い得点が割り振られる傾向にあります。そこで、英語嫌いな人は、長文に狙いを絞って勉強する方法がおすすめです。長文の点数をアップさせるためには、以下のポイントを押さえておく必要があります。

  • 文章全体にまず目を通し、繰り返し読む
  • 日本語に訳しながら読むのではなく、英文のシーンを思い浮かべて理解する
  • 長文を速読できるようにする

長文を読むとき、一文ずつ和訳しながら読む人がいますが、これは入試向けではありません。入試本番では限られた時間を最大限有効活用するため、全ての作業をできるだけ短時間に行う必要があるのです。長文は全体を通して読み、わからない単語は飛ばします。前後関係などからある程度の内容を推測し、繰り返し読むことで理解を深めていくのです。

しかし、上記のポイントを押さえるためにはある程度の慣れが必要でもあります。英語長文に慣れるためにはどのような方法が良いのでしょうか?

英語の点数をアップさせるコツ

長文で確実に点数を稼ぐためには、長文問題に慣れておくことが大切です。まずは1分ほどで読める英文をできるだけ多く用意し、繰り返し読む練習をしましょう。音読も行うのがベストです。わからない単語や文法はチェックしておき、後できちんと調べます。慣れてきたら文章の量を増やし、入試と同等の量を読み慣れておきます。

長文に慣れると、すばやく全体に目を通し繰り返し読む時間を取れるようになります。すると、意味の把握や理解度を深めやすくなり、結果として得点アップにもつながるというわけなのです。