大学受験に向けて英文法を勉強するときにおさえておくべき方法

大学受験に向けて英文法を勉強するときにおさえておくべき方法


大学受験は科目も覚えることも多く、準備期間があっという間に過ぎていきます。受験生の中には英語が苦手という人も多く、なかなかやるべき範囲が進まずに苦労している人も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、英文法にスポットを当て、本当にやるべき受験勉強の進め方をご紹介します。

英文法は中学レベルからスタートする

「英語の文法はとにかく覚えることが大切」。こんな風に思っている人もいるかもしれません。しかし、実はこれは正しくありません。英語の文法は英文を理解するために必要不可欠なものですが、暗記だけでは理解に不安が残ります。また、いきなり英文法の勉強を始めてしまう人の中には、基本的な英語力が身についていない場合も多くなっています。
英文法の勉強を始める前に、まずは中学から高校レベルの基礎的な英語力が身についているか、今一度確認してみましょう。具体的には、基本的な英単語がわかる、英文法の初歩的な構造は理解できている、文法用語を覚えている、といった点が挙げられます。ここで問題がなければ、晴れて受験勉強は次の段階へと進みます。
もし基礎的なところで理解に不安が残っている場合は、ぜひ中学英語の復習から始めるようにしましょう。「受験に必要な範囲が終わらない!」と気持ちが焦るかもしれませんが、基礎英語が理解できていなければ入試問題の長文が読解できるはずもないので、まずは基礎固めを行うことで確実に点を取ることにつながるのです。

英文法は人に教えることを想定して解く

基礎固めが終わり、英文法の問題を解き始めたら、絶対に頭に置いてほしいのが「なぜそうなるかを説明しながら解く」ということです。つまり、誰かに教えるつもりで解くようにするのです。実際に理由を書きつけながら解くのも良いでしょう。少々時間はかかりますが、この方法を取ることで自分がどれくらい理解できているか客観的に見ることができます。
英語の長文は感覚で解いてしまう人が多いのですが、大学入試の英文法問題では「なんとなく」では解けない問題が必ず登場します。難関校になるほど回答の選択に迷う問題が出題されます。しかし、きちんと理由付けしながら選択肢を選ぶことができれば、こういった問題は絶対に解けるのです。英文法問題は確かな法則に則って回答が導き出されるため、正しく理解しておけば確実に点を取ることができます。だからこそ、受験勉強の段階で正確な説明ができるほど理解を深めておくことが役立つのです。

英文法はリスニングしながら解く

英文法の問題は、つい文面だけで解く練習をしがちです。しかし、リスニングも平行して行うことがとても大切です。ぜひ耳で聞き、音読もしながら勉強を進めていきましょう。発音もネイティブな発音を真似するようにします。英語は決して文字だけの言語ではないので、音を使って勉強することが大事です。何度も繰り返しリスニングと音読を行うことで、正しい英文を体に染み込ませるのです。

慣れてくると、パッと見て大まかに解答を導き出すことができるようになります。用意されている選択肢に違和感を感じたり、「この文の形は見たことがない」と意識が働くようになるのです。もちろん、その後きちんと根拠のある理由付けができなくてはいけません。しかし、感覚的に正しい解答を見つけられるようになると、問題を解く時間を短縮することができます。

英文法の問題集を買うときは、ぜひCDなどの音源付きのものを選ぶようにしましょう。インターネット上でダウンロードできるものや、アプリなどもおすすめです。問題を解き、リスニングをし、音読で仕上げる、というステップを忘れないようにしましょう。