大学受験を目指す人がおさえておくべき参考書の選び方

大学受験を目指す人がおさえておくべき参考書の選び方


受験勉強に欠かせない存在といえば、参考書ですね。しかし、毎年多くの受験用参考書が発売されており、どれを選んだらいいかわからないという人が多いのではないでしょうか?ここでは参考書選びのポイントについてご紹介します。

後悔しない参考書の選び方

参考書は自分に合ったレベルの物を選ぶことが重要です。難しすぎるものを選ぶと勉強がスムーズに進まなくなってしまいます。また、人気だからという理由で買うのもおすすめできません。他の人には使いやすくても、あなたにとって最適な参考書だとは限らないからです。

参考書を買うときは、2冊くらい購入するつもりで本屋さんに行きましょう。短期学習用に薄くてわかりやすい内容のものを1冊、長く学習できるよう厚めで内容の充実したものを1冊選びます。まずパラパラとめくってみてレイアウトや色使いが気に入るかどうかチェックします。その後、文章や説明を読んでみて、理解できるレベルであれば購入しても大丈夫です。

参考書のレベルをチェックするときは、自分がすでに理解している単元のあたりを読んでみましょう。すでに理解しているところを読むことで、解説の仕方や文章の親切さが判断しやすくなります。ぜひ、「これなら良さそう」と思えた参考書を買うことをおすすめします。

こんな買い方はNG!参考書選びの落とし穴

最近はインターネット上で参考書に関する情報を得ることができ、内容比較なども簡単に行えます。しかし気をつけたいことは、評判が良い参考書でも自分にとって良い参考書かはわからないということです。参考書を買うときは、本屋さんで自分の手に取って確かめてから買うようにしましょう。

先輩や大学入試合格者のすすめで参考書を選ぶ人もいますが、こちらも要注意です。勉強方法や学力に応じて適した参考書は異なってくるため、合格者が使っていたからといって自分に合うとは限りません。最終判断は自分の感覚で行うようにしましょう。