大学受験目指すなら!英単語を短時間で効率的に覚える勉強方法

大学受験目指すなら!英単語を短時間で効率的に覚える勉強方法


大学受験に欠かせない科目である英語。特に英単語は、最低でも3,000語以上の語彙力が必要といわれており、難関校や国立校を受験するのであればさらに多くの語彙力が求められます。このため、英単語を覚えるために多くの時間を取られている受験生は少なくありません。そこで、今回はより短時間で効率的に英単語を覚えるための勉強方法をご紹介したいと思います。

英単語を覚えるときは中学英語から!

受験向けに英単語学習を始めるにあたり、とりあえず市販の単語帳を購入してやみくもに始めてしまう人は少なくありません。英単語はとにかく数を覚えないと、と思い込んでしまっているからです。しかし、実際のところ英単語の学習はいくつかの段階にわけることができます。まず第一段階は、中学英語の基礎固めです。

中学から高校一年くらいまでに覚える英単語は約2,000語で、ここには最も使用頻度の高い単語が多く含まれています。大学入試やセンター試験においても、非常に多く使用される単語ばかりです。つまり、この中学レベルの基本的な英単語が理解できていないと、大学受験の最低レベルに達していないことになるのです。なので、まずは中学から高校1年までの英単語を徹底的に覚えるようにしましょう。

このとき重要なのは、CDなど音源付きの単語帳を購入することです。単語を文字として覚えるだけでなく、リスニングできるようになることが大切です。基本的な英単語を聞き取れ、単語や熟語の意味を即座に思い出せることが、得点に直結するのです。

英単語は書かずに覚える!

英単語を覚えるために、あなたならまず何をしますか?リング綴じの単語帳を買ってきて英単語を書き写す、と答えた人は要注意です。短時間で効率よく英単語を覚えるためには、書いて覚えることはおすすめできません。むしろ、書かずに覚えるようにしましょう。本当に効率的な英単語の覚え方は以下のようなステップに分かれています。

  1. とにかく聞いて発音する。
  2. 1日に100~200個のペースで学習する。
  3. どうしても覚えにくい単語は書いて覚える。

1番目のステップでは、CDなどを活用して正しい発音を聞き、それを真似して発音し続けます。繰り返し、何度も行うことが重要です。英単語を覚えるとき、通学電車の中でリスニング学習のみで済ませたり、字面を読むだけの暗記を行う人がいます。実は、これは非効率的です。時間がかかる割りに、英単語が頭に定着しにくいからです。ぜひ自宅など、周囲を気にしない環境で聞きながら発音する学習方法を取り入れてみてください。

2番目のステップは1と平行して行います。大学受験で即戦力となる英単語力を身につけるためには、1日あたり100~200個以上の英単語を覚えていく必要があります。一つ一つ書いて覚えると時間がかかるため、「聞いて発音する」という流れでとにかく短時間に何度も繰りかえり学習するようにしましょう。

3番目で、やっと単語を書いて覚えます。しかし、「聞いて発音する」という学習方法でどうしても覚えられなかったものに限定します。これにより単語学習の時間を大幅に短縮することができるのです。

受験校レベルに応じて単語数をアップ!

大学受験の英語学習において基本となる中学レベルの英単語を覚えることができたら、次の段階に進みます。受験校のレベルに合わせた単語数のアップです。中学レベルがカバーできていれば、センター入試や中堅校の大学入試でもある程度の単語理解ができるはずです。

ここからの単語学習は、受験校レベルに合わせて市販の単語帳を買い、これまでと同様な学習方法で進めていけば大丈夫です。「聞いて発音し、苦手な単語は書く」というステップで、短時間でも多くの英単語を覚えることができるでしょう。